~選ばれる3つの理由~

 


 個性を大切にする指導


子供達は心も体もみんな違います。

10人の子供達がいれば、1(コーチ):10(子供達)のレッスンではなく、1(コーチ):1(子供)のレッスンが10通りであると考えています。

私たちは集団指導の中で子供達一人一人の個性を大切にします。

 

 

 

 

水泳を通じて5つの指導
  

①命の大切さを教えます。
プールの中で何が危険であるかを理解できるよう教えます。水泳を通じて人命を守るための知識を高めます。

②整列や順番を守ることを身に付けます。

レッスンの中で安全を確保するために、整列することや順番を守ることは重要です。そのことをレッスンの中で自然に身に付けていきます。

③目標に向かって努力することの大切さを学びます。

水泳を通じて段階的に泳げるようになり達成感を味わうことで、目標に向かって努力することの大切さを学びます。


④気持ちのこもった挨拶を身に付けます。

「礼に始まり礼に終わる」というように気持ちのこもった「よろしくおねがいします」・「ありがとうございました」を身に付けます。


⑤協調性・他人への思いやりを大事にします。

子供達が共に学び成長し合える環境の中で、協調性や他人への思いやりを大事にします。





 

 

60,000人が納得した確かな指導技術

 

60,000人が巣立った「わかあゆSC」では、40年間の経験則と、代表・松川がアメリカで学んだ最新理論を融合させた基礎指導を行っております。子ども達のために地球の裏側まで足を運んでいる指導者は、県内では松川しかおりません。

 

当スイミングではまず「溺れない技術」を確実に身に付けた後に、泳ぎの基礎を学んでいきます。

「溺れさせたくない」

 親御さんなら必ずそう思うのではないかと思います。


当SCは市内唯一そして40年前から「溺れない技術」を子供達へ教えています。

 
泳ぎの面では、基本動作の反復をとにかく徹底して行います。泳ぎの基本が身に付くと、合理的で綺麗な4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)が確実に身に付き、その泳ぎ方を大人になっても忘れることはありません

短期間で習得した「形だけの泳ぎ」は時間が経つと忘れてしまいます、せっかく習っても大人になった時に泳げないことが往々にしてあります。勿体ないですよね。

当SCでは基礎の徹底指導に40年以上もこだわり続け、そこにしっかり時間もかけますので、地道に継続練習を行うことにより一生モノの泳ぎ」が確実に身に付きます。