· 

間違った体の使い方は不健康を招く!

 

こんにちは。

 

わかあゆスイミングクラブ

代表の松川大悟でございます。

 

泳ぐことは全身運動ですから、

身体に良いと思ってる方は多いと
思います。

 

間違いではありませんが、

なんでもかんでも正しいという

訳ではありません。

 

大前提として、、、

『身体の仕組みに沿って正しく泳げているか』が大切です。

特に我流やアマチュアのコーチに
習っているお子さんは健康どころか
怪我のリスクが高まりますので
十分気をつけて頂きたい...

 

何故かというと、


見よう見まねのフォームや、

解剖学などの身体の知識の乏しい

コーチの指導は、

 

見た目はそれなりのフォーム

だったとしても、動かし過ぎるべき

ではない関節を動かし過ぎて

しまい、痛みを誘発する可能性

が高まったりする訳です。

 

例えば、腰骨(腰椎)は5度しか

回旋できません。

要は5度しか捻ることが

できないってこと。

 

それを『腰から捻って!』などと

いう指示を出し続けると、、、

 

想像がつきますよね?!

 

腰を痛めてしまう訳です。

 

これもほんの一つの事例に

過ぎません。

 

 

 

私達はこういった書籍や身体の仕組み

の勉強を怠りません。

子供たちや成人の皆さんのために、

ここまで深く身体の仕組みを学んで

いる水泳教室は県内探しても他に

無いと思います。

 

 


上の書籍は世界的にも有名な米国の

サーマン先生(理学療法士)の

運動機能障害についてのもの。

 

成人の肩こり・腰痛予防改善や、

お子さんの指導時における関節

運動に非常に役に立っています!

 

下の NASM ( 全米スポーツ医学協会 )  

は、こちらも米国のクラーク博士

(理学療法士)が考案した

トレーニング理論。


上級のお子さん、

成人マスターズコースで

活用できる運動システム。

 

ちなみに私・松川は、

水泳コーチとしてNASMから

公認された日本国内でも

数少ない運動指導者です。

 

 

正式名称:

National Academy of Sports Medicine certified Performance Enhancement Specialist ( NASM-PES )

 

 

日本語名称:

全米スポーツ医学協会公認 パフォーマンス エンハンスメント スペシャリスト

 

 

 

私を筆頭に、わかあゆのコーチ達は

こういった努力を惜しみませんし、


形だけの水泳フォームを教えるのは

プロは到底言い難いです。

 

 

 

一丸彩乃先生も、かなり勉強家です!
県内でもトップクラスの知識。

 

 


泳ぎを覚える段階はもちろん!

 

 

 

プールが初めてのお子さん達

にもこういったエッセンスを

盛り込んでいます!

 

形だけの水泳指導でせっかくの

健康水泳も台無しになっては

私達も悲しくなります。。。

 

せっかくやるなら、

相応の知識と実績をもった

コーチ達から習いたいですね!

 

 

------------------------------------------

わかあゆスイミングクラブ

代表 松川大悟

------------------------------------------

 

 
体験レッスンその他

お問い合わせは下記フォームから

お願いいたします。