市内唯一AED(自動体外式除細動器)を導入しています
安全あってのスポーツ指導!

 

市内唯一『人命救助』の訓練を毎年必ず受けています
また所属指導員は別府市消防本部が認定する

『普通救命技能Ⅰ』を取得しています

 

 

 


 

大事なお子様をより健康的にするために

〇〇が良いのを知ってますか?

 

 

 

 

当スイミングクラブのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

別府に根差して45年

60,000人を超える子供達を指導


 
わかあゆスイミングクラブ

代表の 松川 大悟 です。


私の経験や気持ちを長々と書いてますが、読んで損はないと思いますので、最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

あなたの大事なお子様が健康的に育ってくれたら嬉しくないですか?

 

 

・ 体力があり、いつも元気

・ 寒さに強い身体
・ 肥満になりにくい身体

・ 体調を崩しにくい身体

・ 病気にかかりにくい身体

 

 

こんなに健康的に丈夫な身体になる方法があるんです。

 

 

いつも忙しい『 あなた 』が頑張る必要もありません。


あるスポーツをさせてあげるだけでみるみる健康的になります。


そのスポーツとは・・・



 

その前に、私自身、このスポーツをしてさまざまな身体の変化を体験しました。

 

 

このスポーツをやり始めたのは3歳の頃です。

 

 

始めた時の記憶はありません。

 

 

両親が、喘息の予防と、病気に負けない健康的で丈夫な身体づくりとして習わせたみたいです。

 

 

場所は当時ラクテンチの下にあった、日本初の室内50mプール『 別府温泉プール 』。


このプールで私の父『 松川峰生(現:別府市議会議員)』が 市内の子供たちへ水泳を教え始めました、1975年『 わかあゆ 』が誕生した年です。

 

 

今は『 別府温泉プール 』はありません、1995年に取り壊され更地となっています。

 

 

 

正面にラクテンチ、右が温泉プール...

 

 

別府温泉プールにはボイラーや暖房器具は無く、温泉をドボドボと貯めておくプール。


だから温泉のご機嫌が悪いと、真冬は凍えるくらい寒い日もありました。今思うと凍死しないギリギリだったと思います(笑)

 

 

そして私が6歳の時、昭和58年に現在のボイラー付き自社温水プールが完成しました。 


 

 

 

プールが建設される以前、この地は元々『 米屋旅館 』という由緒ある旅館の跡地で、米屋旅館は、日名子旅館、富士屋旅館 と並んで御三家と呼ばれた別府温泉を代表する旅館でした。
     
    
そして私は3歳からこのスイミングクラブに通ったおかげで、健康で体調を崩しにくい身体を手に入れることができました。今思えば両親にとても感謝しています。
  
  
インフルエンザには、44年の人生で一度も発症していません。


予防注射は、中学生以来やっていませんので、予防注射より予防できるかも(笑)


酷かった花粉症も今は全くありません!


体調以外にも、身体に良い影響がありました。


このスポーツは野球やサッカーといった団体スポーツのように、他人の力を借りることができません。

 


頼れるのは自分の力のみになります。

 

 

だから苦しい時、ツラい時、それを乗り越える時に精神力が鍛えられました。


それが大人になった今では、仕事も人生の波も乗り越えるパワーの源になっています。
 
  

・徒競争は毎年ほぼビリ...

・小学生の頃は勉強が苦手...

・人前で話すのは緊張して大の苦手...

 

 

そんな私でも、商工会議所法に基づく 市内最大の青年経済団体 『 別府商工会議所青年部 』のトップ、第32代会長という重責も担うことができました。

 

 



私が行ってきたスポーツとは

 



 

 


水泳です!

 

 

 

 

私は幼い頃から長い間 水泳を続けることによって、『 プレッシャーに負けない強い心 』と『 体調を崩しにくい丈夫な身体 』を手にすることができたのです。

 

 

時に『 行きたくない! 』と愚図っても、私の背中を押してくれた 今は亡き母に とても感謝しています。

  

 

 

  

 

なぜ水泳が良いのか???

 

 

 

① 水の中では体力がつきやすい

水の中は水圧がかかります。良い意味で身体を圧迫することで肺活量が増していきます。水の中に入るだけでも効果的ですが、水泳をやることで行動体力つまり『 心肺持久力 』が上がり体力のある元気なお子様に成長するでしょう。

 

 

 

② 寒さに強くなる(防衛体力)

水温は30度ほどです。人間の体温より水温が低いのでプールに入った瞬間は少し寒いですが、身体には体温を調整する機能があります。プールの中に入ることで、防衛体力の一つである恒常性つまり『 体温を上げる機能 』を鍛えるころができ冬でも寒さに強い体調を崩しにくい身体を作ることができます。

 

 

 

③ 免疫力が強化される(防衛体力)

水圧を受けながら体を鍛えることで血流が良くなり、免疫細胞つまり白血球が体内を巡回しながら毛細血管まで行き届き、ウイルスや細菌など『 感染症 』から体を守ってくれます。病気が発症しやすい人と発症しにくい人の決定的な差は、防衛体力つまり 免疫力 』です。

 

 

 

④ 全身運動なので肥満予防になる

運動不足が原因で肥満になり、悩んでいるお子様もいらっしゃいます。水泳は全身を常に動かす運動なので、たくさんのエネルギーを消費します。正直、水泳はキツイのですが、たくさんのエネルギーを消費することができるので運動不足解消になり、肥満を『 予防・改善 』します。

 

 

 

⑤ さまざまな分野に活かせる

先ほど、私の経験をお話ししましたが、水泳を続けることで、肺活量が上がります。陸上の運動より体力がつきやすいので水泳を幼い頃からやっていたお子様はほんとに『 バテない子 』に育ちます。また東大生が幼少期に習っていたスポーツは水泳がダントツ1位で、日本のプロスポーツ選手も子供のころ水泳を習っていた方が多いのも特徴です。

 

このように水泳を行うことでたくさんのメリットがあります。

 
  

 

 


そして、水泳は怪我のリスクも比較的少ないスポーツです。安全にスポーツを楽しむことができます。


アテネオリンピック、北京オリンピックで金メダルをとった 北島康介さん は5歳から水泳を始めたようです。
   
   
リオデジャネイロオリンピックで金メダルをとった 萩野公介 選手にいたっては生後5ヶ月ほどで水の中に入っていたそうです。


早いですね!

 

   

 

 

日本を代表するメジャーリーガーの 大谷翔平 選手をはじめ、サッカーの 本田圭佑 選手、テニスの 錦織圭 選手、卓球の 福原愛 さん、フィギュアスケートの 荒川静香 さんといった著名なアスリート達も、『 基礎体力 』 を身につけるために幼い頃から水泳を習っていたそうです。

 

 

また東大生が小学生の時に習っていたスポーツのダントツ1位が、実は 水泳 といったデータ(東大新聞オンラインより)もあります、勉強も 『 体力勝負 』 ですからね!
     

 

体力作りや勉学に励むお子さんにとって、もはや水泳は 『 無くてはならないスポーツ 』 といっても過言ではありません。
 
 
体調を崩しにくい丈夫な身体づくりとして水泳を習うとしても早い方がいいですよ!

 

  

 

 

最後に...

 

 

水泳は『 免疫力の維持・向上 』に期待できる 伝統的なスポーツ であることをご存知でしょうか?

 


栄養・休養を適切に保ち、水泳をたくさん行うことで、何十トンもの水圧と全身運動( 有酸素運動)によって血流が良くなり、免疫細胞つまり白血球が体内を巡回しながら毛細血管まで行き届き、ウイルスや細菌と戦ってくれるのです。

 


水圧を受けると人間の体は外力に負けないよう、内側からそれを押し返す力が生まれます。すると血管に弾力性が生まれ、その結果『 血流状態 』が高まりやすい環境となる訳です。


また水泳場というのは、24時間365日塩素殺菌を行っているため、世界でトップクラスの安全性を誇る施設です。

 


高い衛生環境の下、『 水圧を受けながら行うスポーツ 』だからこそ免疫力が高まりやすいということ、これは誰が見ても分かるように、他のあらゆるスポーツと決定的に違うところです。
 

 

 

病気を発症しやすい子、発症しにくい子の大きな差は『 免疫力 』の違いです、最終的に自分の体を守るのは自分の『 免疫力 』しかないのです。

 

  

昔に比べると遥かに 活動量 や 運動量 が減少している現代。


こんな時代だからこそ、しっかりと体を動かし『 自分の体は自分で守る 』その免疫力の強化が必要なのではないでしょうか。

   

 

マスクや手洗いうがい、消毒など勿論大切ですが、たとえウイルスや細菌が体内に侵入したとしても、それに負けない根本的な『 免疫力の強化 』が絶対に手遅れになってはいけません!

  

 

今回の新型コロナ騒動で保護者の皆さんが感じていること、それは間違いなく『 健康の重要性 』だと思います。

 

 

それには継続的に体を動かし、免疫力を高め、不測の事態に備えることが大切です。

 

 

想像してみてください、いつの時代であろうと荒波に飲み込まれない『 あなたのお子さん 』の逞しくなった姿を。

 

 

健康でなければ何も始まりません。 

  

 

お子さんの将来に備え、『 病気に負けない体作りをさせてあげたい!』、心からそう想う親御さんはご連絡をいただければと思います。
 
     


 
残席

 

 

3歳~6歳児
 限定7名(5月1日)→ 2名(5月18日)
                 
小学生以上
 
7名(5月1日)→ 2名(5月18日)

      
      
      
のみ募集をします

 

 


先着順となります

今ぐお申し込みください
    

  

 

※ 体験はお1人1回に限ります。

※ 幼児水慣れコース・成人コースは水着・キャップの指定がありませんので、入会金のみサービスとなります。

※ 2018年11月以降に入会された方が一旦退会、再入会の場合『 水着・キャップ 』のサービスはございません。当時の水着・キャップを引き続きご利用いただくか、新たにご購入ください。

※ ご入会手続きは『年会費」・『会費2ヶ月分』・『通帳・届印』・『顔写真(縦2.5×横3.5)』が必要です。取扱金融機関は豊和銀行・みらい信用金庫・ゆうちょ銀行となります。

 

 


わかあゆSCは、
がんばる子供たちを応援します!
見学無料!お気軽にご来館ください^_^

 

 

 


 一に安全、二に安全
市内唯一のAED
(自動対外式除細動器)
設置施設

 


  
全スタッフには年一回以上の

『 一次救命法講習 』の
受講を義務付けております。
命の尊さを教える私たちだからこそ
『 万が一 』に備えます。

 

 

 


 

 

 

地域No.1の初心者指導実績
日本スイミングクラブ協会公認


日本スイミングクラブ協会が定める『 泳ぎの全国統一基準 』に基づき、年間100名以上の泳力認定試験合格者を輩出した施設として、市内唯一となる同協会より優秀スイミングクラブ賞を4度(平成20、21、23、27年度)受賞しております。

 

 

 



 

 

お知らせ

 

2021年

 

5月

2020年

 

11月

3月



 お問い合わせは今すぐ!
0977-22-4436
平日・土曜10:30-18:30/日曜14:30まで

※15~18時の間は受付が込み合う為、電話が繋がりにくい場合があります。