進級試験の主旨


歴史ある当SCの進級試験は、程よい緊張感の中で「プレッシャーに負けない強い心」を養って欲しいという主旨で、担当指導員の主観による進級判定*ではなく、日頃のレッスンとは別に試験日を設け、別府で唯一、第三者の試験官による正式な試験方式を採用しております。

 

 当SCでは(公財)日本水泳連盟第一種公認審判員、又は(一社)日本スイミングクラブ協会泳力認定員が試験官を務めます。

※ 3ヶ月に一度のペースで進級試験を実施しております。

※ 受験料は1回860円です。
※ 合格者には進級ワッペン・キャップ・進級証を発行いたします。

*「担当指導員の主観による進級判定」とは、担当コーチが主観的な判断で進級判定を行うことです。レッスン中に進級判定を行いますので、週1回コースのお子さんは通常月4回レッスンを受講できるはずですが、このような施設では判定月には月に3回しかレッスンが無いということがいえます。